青汁にもたくさんの味がある

青汁にもたくさんの味がある

私が青汁を飲み始めたのは今から数年前の事です。

 

それまで便秘は気になっていましたが、お通じは人によってリズムがあり、5日に1度が自分のペースなのだと考えていました。

 

ところがある日のこと酷い腹痛に襲われ救急車で搬送される羽目に・・!

 

病院について調べてもらうと便秘が原因だったのです。

 

息は苦しくなるは、めまいはするはでこのまま死ぬのかと思うほどでした。

 

それからは便秘のことを考えるようになり、友人に勧められて始めたのが青汁だったのです。

 

何を選んだら良いのか分からず、取りあえずスーパーで売っていた安めの青汁を試してみました。

 

この青汁はとても青臭く、まるで草を飲んでいるようで、とても続けられるものではありませんでした。

 

それからは色んな青汁の情報を集め、数種類試してこれなら続けていけると言う味の青汁に辿りついたのです。

 

一番大切なのは続けていく事ですね。

 

最近では抹茶味の青汁なんていうのもあり、好きな味の青汁を何種類か常備しています。

 

その時の気分や季節に合わせて牛乳と混ぜたりホットにしたりと、いろんな飲み方で飽きずに青汁を続けることが出来ています。

 

便秘に悩んでいる方はぜひたくさん試して自分の好きな青汁を見つけてください。

青汁を飲む際のメリットとは

 

近年は一人暮らしという人が増えてきており、そうなると野菜を買ってきても余って腐らせてしまうことが多いので、ついつい野菜をあまり買わなくなってしまう人が多くなりますし、買ったとしても痛みの遅い野菜など、特定の野菜ばかりを買ってしまい偏りがちです。

 

ですが野菜にはそれぞれ含まれている栄養素が異なっている為に、特定の野菜ばかりを食べていると栄養素が偏ってしまいます。

 

そういう人たちにとって役に立つ飲み物が、青汁ということになります。

 

青汁には値段が安くて含まれている野菜の種類が少ない青汁であっても数種類もの野菜が含まれており、普通の青汁だと10種類以上の栄養素が異なる野菜が含まれています。

 

ですので青汁を毎日一杯飲むだけで、一日に必要な野菜を摂取できるといメリットがあります。

 

また最近の野菜は、昔の野菜と比べて含まれている栄養素が少なくなっているとも言われています。

 

そのために昔と同じくらい野菜を食べていたとしても、栄養素が足りないという場合も多いです。

 

こういった場合でも、青汁を利用すれば簡単に足りない栄養素を補うことができます。

 

こういった観点からみると、青汁は現代社会においては必要不可欠な飲み物だといえるのかもしれません。