粉末青汁のメリットデメリット

粉末青汁のメリットデメリット

粉末タイプは、多様に展開されている健康食品としての青汁の中でも、ベーシックなタイプとして知られています。

 

ケールや大麦若葉といった青汁おなじみの原料を乾燥させ粉にしたこのタイプの商品は、初めから液体状で売られている青汁よりも保存が効き、その上場所も取らずと、生活の中で気軽に利用ができます。

 

粉のままの摂取こそ推奨されないものの、水でも牛乳でも豆乳でも、ヨーグルトのようなものにでも基本何にでも溶かして飲める手軽さも人気です。

 

しかし粉末ゆえの粉っぽさや繊維を感じる喉ごしは、苦手とされることも多く、青汁そのものの強烈な苦さもあって、青汁はまずいというイメージを日本人の思考に植え付け続けた実績も持ちます。

 

改良を加えられ野菜ジュースにも近くなった他の青汁商品と一線を引く、粉末タイプのデメリットは、何よりもそのまずさにあるといっても過言ではありません。

 

とはいえ独特の粉っぽさはシェーカーなどを使い、よく混ぜることで軽減することもできます。

 

そのまま口にするのは辛いという人も効率的にその健康効果を得られるよう、粉末の形状を利用して抹茶のように使い、健康的なお菓子としてアレンジする類のレシピも注目を浴びています。

 

粉末の特徴を活かすことが、このタイプの青汁をよりよく使用するコツです。

ダイエットにも効く青汁の効果

 

ダイエットをしていて食べる量を減らしていると栄養不足になってしまうことがあります。

 

特に一品ダイエットといって、一回の食事で取る料理を一品に絞ってしまうと栄養素が偏りがちです。

 

そんな時に試してみたいのが青汁です。

 

青汁は大麦若葉やケールといった高い栄養をほこる食材が使われて製造されており、食物繊維やミネラルなどの栄養分が多く含まれています。

 

粉末タイプも売られており、これであればいつでもサッと飲めるので重宝します。

 

味は色んなフレーバーが発売されていますが、どうしても苦い味に馴染めないという場合は、ジュースや牛乳などに混ぜて飲むと飲みやすくなります。

 

野菜などを買って食べるとあまり量を食べられません。これに比べると青汁の粉末であれば何杯でも飲むことができます。

 

値段は一杯100円以上のものもありますが、野菜が高い時代ということもあり、コストパフォーマンスは高い商品と言えるでしょう。

 

青汁によって味は異なるので、まずは試供品を取り寄せたりして味見をしてみることをオススメします。

 

匂いも商品によって違うのでチェックしておくと良いです。青汁はカロリーが低いので、ダイエット中でも安心して飲むことができます。

 

青汁ダイエットで痩せたという人は多いので、体重を少し落としたいという人は青汁で栄養をとりつつ食事量を減らしてみるなどの方法を試してみると良いでしょう。