青汁でコレステロールを改善

青汁でコレステロールを改善

年齢的にも体に変化が出ても仕方が無いとは思っていましたが、健康診断の結果が悪くとても落ち込んでしまいました。

 

以前からコレステロールが若干高いと言われていたのですが、今年の数値は今まで以上に高く、なんとかしなければ生活習慣病になってしまう可能性もあると医師からも言われたのです。

 

忙しくてしっかりとした栄養も摂れない状態だったのですが、栄養補給の為に食前に青汁を飲んでみる事にしたのです。

 

食物繊維が豊富なので、食べ過ぎの予防にもなりますし、さらに青汁の栄養素であるビタミンやミネラルというのは、悪玉コレステロールを体外に排出する働きがあるとも言われています。

 

ですから、毎日これを摂取すれば体に少しは良いのではないかと思ったのです。

 

青汁は青臭いとも言いますし、飲めないかもしれないし、続けられないかもしれないと思っていました。

 

飲み馴れてくると美味しいものですし、食べ物の量が減っても食物繊維が多いのでお腹の持ちも良くなりました。

 

やはりダイエット効果もかなり高いと思います。

 

飲み始めてしばらくして、コレステロールを計測すると明らかに下がっていました。

 

やはり青汁はコレステロールを下げる効果もあるのです。

 

便秘予防の効果もありますし、成人病予防の為にも青汁を飲む生活習慣だけは続けたいと思っています。

便秘気味の人におすすめしたい青汁

 

便秘がちになることが多い人に青汁はおすすめです。

 

私自身青汁を飲むようになって便秘が改善されてきているのです。

 

私は大人になってから身体を動かす機会があまりなくなってしまい、太ってしまいました。

 

ダイエットのために食事量を減らし、少ない食事量になり体重は減ったもののその後体の冷えが気になるようになり、頻繁に便秘に悩まされることも多くなってしまいました。

 

おそらく身体全体の新陳代謝が落ちてしまっていたのだと思います。

 

そんな自分をどうにかしたいと思ったのがきっかけで始めたのが青汁でした。

 

食事量が少ない中で野菜や体に良い栄養素を摂ることは難しいと思っていたので、青汁はおいしくないというイメージがありましたが挑戦してみました。

 

青汁は実際に飲んでみると思っていたよりもはるかに飲みやすく、変な味がして飲めないというレベルとはかけ離れていました。

 

やはり青臭さはありますが、飲めないものでは決してありません。

 

しかも、水ではなく牛乳や豆乳で溶かしてみると抹茶ドリンク風になります。

 

邪道かもしれませんが少しだけお砂糖やハチミツを加えるとカフェで出てくるスイーツ風の抹茶ドリンク風になってとってもおいしくなるのです。

 

それでいて何より便が毎日ではないですがスッキリと出てくれるようになり、体に余分な物が溜まらなくなったことが一番嬉しいです。

 

効果は人それぞれだと思いますが、決して体に悪いものではないのは確かだと思うので、便秘がちな人は青汁を試してみてほしいです。